[Pz4D-DAK]10)ロードホイール組立

なんと第10回です。つまり10週間続けてこれたということですね。それがどうしたって感じですよね。

さて、ロードホイールの組立に入ります。
数が多いのでボギー式サスペンション1組分だけ組み立てます。

ロードホイール本体のB20B24を組み立てます。
B20は少し長めになっています。フリーハンドでB24をカットした場合、技量によっては円周が大きくなってしまうことがありますので悲しいことが起こらないような配慮と言っておきます。ですが、正確にカットした場合は1㎜ほど余りますので適宜調整願います。
なので、B20を先に輪っかに組み立ててしまうとB24を付けたときにスカスカになってしまうことがあります。B20はB24の外周に巻くように組み立てたほうが良いでしょう。

B20B24を組み立てたらB25を取り付けましょう。
各ホイールの片面だけに取り付けます。見えない部分は省略ってことです。
同じようにB23も取り付けますが、ロードホイールは2個で1セットで、外側に向けるホイールの外側の面にのみ貼り付けます。つまり2個毎に1つだけ貼るということです。

4個のホイールではそのうち2個の片面だけB23を張ります。

その他軸になるB26やハブキャップのB27も組み立てます。

それぞれの部品をマニュアルFig Fの通りに張り合わせれば完成です。下の完成写真を参照して下さい。

上の写真に写っているピンセットを今回使用しました。先の平たいピンセットは2個のホイールを取り付けるときの位置調整に威力を発揮しました。

次回はボギー式サスペンションの組立です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA