[Pz4D-DAK]11)サスペンション組立

第11回はサスペンションの組立です。
だんだん内容が希薄になってまいりました。
今回も短めです。

ManualのFig Gの解説になります。
先ずはB18、B19を組み立てます。
背中になる面の折り方が少々複雑ですが、外側のラインに合わせるだけなのでよく形をみて作業してください。

次にサスペンションを支える基部B10、G11の組立です。
円盤パーツdは方向が決まっていますので間違えないように注意してください。

上の写真は戦車を正面から見た場合、右側のサスペンションになります。B11は右、B10は左です。
B18、B19も左側は逆向きに取り付けます。

ボギースプリングB18をB19に当たるところまで差し込んで取り付けたら完成です。

ヘッツアーではリアリティーを追求するため板バネ一枚毎に組立ましたが、完成後はほとんど見ることができず手間ばかりかかることがわかりましたので今回は部品を単純化しました。ヘッツアーを製作してくださった方には申し訳ありませんでした。そのうち修正します。

注意:前回作業したロードホイールはまだ取り付けないでください。最後に接地バランスを取りながら取り付けします。

次回はガイドホイールの組立です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA